神戸市公式note

神戸の最新情報や魅力、市の政策・施策がうまくいっているのか、いないのか?、普段知ることのできない裏側や職員の想い、ストーリーを発信します!ぜひフォロー、スキ、応援コメントなどお待ちしています!

神戸市公式note

神戸の最新情報や魅力、市の政策・施策がうまくいっているのか、いないのか?、普段知ることのできない裏側や職員の想い、ストーリーを発信します!ぜひフォロー、スキ、応援コメントなどお待ちしています!

マガジン

  • 気になるヒト、紹介してください!

    神戸で活躍する方をリレー形式でご紹介します。もし、バトンが回ってきたらぜひ受け取って、次の方にお渡しください。

  • 神戸の歩き方

    海と山にかこまれ、いろどり豊かな魅力を持つ神戸。楽しみ方も人それぞれですね!市職員がそれぞれの「推し」を記事にしました。

  • 市長の動き

    久元喜造市長の仕事の紹介です。行事やイベントはその日のうちに公開します。

  • 変わる神戸

    あの大震災からもうすぐ30年。いま神戸の街が大きく変わろうとしています。小さな変化から大きな事業まで、神戸好きのライターによる記事です!

  • 神戸市長が語る

    久元喜造市長がどんな思いで神戸の市政を担っているのか?本人自らが語る市の政策です。

最近の記事

【気になるヒトの輪・2人目】ゆしんさん←野原 位さん

気になるヒトから気になるヒトへと紹介のバトンをつないでいく形で、神戸市で活動するさまざまな人に出会っていくことを目指す本企画。 第2回は、映画監督で映像の仕事を手がける野原位さんからご紹介いただいた、ゆしんさんです! 気になる肩書きは税理士ミュージシャン税理士業はラブ&ピース ―今、どんな活動をしていますか。 1日の9割9分は税理士業だと思います。けど、気持ちは音楽と半々。本職は音楽や! ってずっと言い続けています。もともと20歳からずっと音楽ばかりやってきた放蕩息子

    • 電子申請システム「e-KOBE」を、元エンジニア職員が解説!

      行政の手続きって、めんどくさい…そんな印象ありませんか? 私もその一人です。 ことある度に区役所に行ったり、郵送するために切手や封筒を準備したり… 仕事や子育てをしている人には、特に何かと不便です。 神戸市では、そんな手続きを「スマートに」変えようと、電子申請による行政手続き「e-KOBE」の取り組みを急ピッチで進めています。 実は私の前職は、ゲーム会社のハードエンジニア。約10年前に市役所に転職してきたときは、紙やハンコの多い職場のカルチャーに驚いたものです(今はだい

      • 摩耶山は六甲山の一部なのか? 二番手の秘めたる魅力

        六甲山とは、神戸の市街地のすぐ北側にある東西につらなる山々のことをいいます。最高峰は標高931メートル。そこから西に摩耶山、再度山があって、一番端は須磨にある旗振山でその先は瀬戸内海になります。東西に約30キロメートルも山々が続いているのです。 そして、これら六甲山系の山々をひとまとめにして「六甲山」と呼ぶのが一般的です。 標高931メートルのところにある標柱に「六甲山頂」でなく「六甲山最高峰」と書かれているのは、六甲山にはほかにも山頂があることを暗に示しているのではない

        • 【スマートシティ神戸】 水素エネルギーって何がいいの?

          原子番号1番、水素(元素記号:H)。“1番”となんだか栄えある感じのするこの原子が昨今、エネルギーとして注目されています。「水素エネルギー」という言葉を耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。 そもそも、なぜ水素が注目されているのでしょう? 1月23日、姫路市で開催された兵庫県主催の「ひょうご水素社会推進シンポジウム」に行ってきた広報戦略部ライターのゴウが、水素の何がいいのかお伝えします。 なぜ今、水素なの?水素が注目されている理由は、石油や石炭、天然ガスと同じよ

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 気になるヒト、紹介してください!
          神戸市公式note
        • 神戸の歩き方
          神戸市公式note
        • 市長の動き
          神戸市公式note
        • 変わる神戸
          神戸市公式note
        • 神戸市長が語る
          神戸市公式note

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          【神戸に移住した映画監督!】野原 位さん編〜1人目

          気になるヒトから気になるヒトへと紹介のバトンをつないでいく形で、神戸市で活動するさまざまな人に出会っていくことを目指す本企画。 第1回は、神戸市役所 広報戦略部の中村紀彦さんから気になるヒトとして紹介いただいた、野原位さんです。 映画『ハッピーアワー』で濱口竜介監督と共同脚本企業PR動画、大学の授業も撮影しています ◎今、やっていること1つ ―今、どんな活動をしていますか。 映画監督という肩書きですけど、普段は会社に所属してその仕事をしています。アプリやウェブサイト

          【神戸市立博物館】インドの国宝級絵画が来日!

          1月も半ば、ようやく街の雰囲気が日常モードに戻ってきました。日常を彩るものは色々ありますが、その一つにはアートがあります。 きょうはアート情報として、神戸市立博物館で1月14日から開催される「インド独立75周年・日印国交樹立70周年 インド近代絵画の精華――ナンダラル・ボースとウペンドラ・マハラティ」をお届けします。 レポーターは、広報戦略部ライターのゴウです。 まず、カタカナ問題を解決しましょう展示名のサブタイトルにある「ナンダラル・ボースとウペンドラ・マハラティ」。

          阪神・淡路大震災から28年 神戸の防災って進んだの?

          阪神・淡路大震災から28年になります。日本では高層ビルや高速道路がある近代都市を襲ったはじめての直下型地震でした。この震災での経験と教訓を次の世代に引き継いでいこうと、神戸市では1月17日を「市民防災の日」としています。 阪神大震災からの復興の先に大震災からの復旧と復興にはかなりの年月がかかりました。ですが、復興をとげた神戸の街の中心部がいま大きく変わろうとしています。三宮駅の周辺やその南にある神戸港での再開発、さらに神戸空港の国際化などです。 映画「すずめの戸締まり」に

          ゴルフと自転車、神戸の意外な楽しみ方

          最近になって、キャンプをはじめサイクリングや登山、ゴルフなどの「アウトドア」が一大ブームになっています。 ですが、、 「ブームは知っているが、なにがおもしろい?」 「興味はあるけど、一歩を踏み出せない…」 と横目に見ている方も多いかもしれません。 しかし、この記事を書いている私は「アウトドア」にめちゃくちゃハマってしまったのです! 神戸というと、都会でおしゃれなイメージがあります。ところが意外にも、アウトドアを楽しめるスポットが充実しています。そこで、私自身が見つけ

          気になるヒト、紹介してください!

          神戸で活躍する方をもっと紹介したい。 すでにメディアに露出されている方だけでなく、元気な小学生、地域を支えている方など。世代を問わずもっともっと。 そんな思いから、本日、新企画をスタートさせます。 第0回 幕開け編気になるヒトから気になるヒトへと紹介のバトンをつないでいく形で、神戸市で活動するさまざまな人に出会っていくことを目指す本企画。 その第1回を立ち上げるにあたって、まずは誰からスタートするか。 まずは広報戦略部のメンバーから ああだこうだの議論の末、神戸市の広報

          【消防指令事務】三田市と共同運用することになりました

          急病や火事のときは、すぐ消防へ119番! この消防は、基礎自治体(市や町など、もっとも小さい単位の自治体)が担っています。 119番通報を受けて救急車・消防車の出動を指令することを「消防指令事務」といいますが、その消防指令事務を、神戸市と三田市が共同で運用することになりました。 12月26日、事務委託に関する協議書の締結式がおこなわれました。 具体的には、三田市が消防指令事務を神戸市に委託する形になります。 共同運用することで私たち市民にどんなメリットがあるのか、逆にデ

          欧州・オーストリアのスタートアップが神戸に! カーシェアで新事業も

          2022年12月8日、遠く離れた欧州のオーストリアから6社のスタートアップの創業者たちが神戸にやって来ました。 神戸市内の企業や金融機関などが集まって交流イベントが開かれたので、突撃レポートすることにしました! スタートアップってどんな会社スタートアップとは、革新的なアイデアとテクノロジーを使って、新しいビジネスを作り出し、驚異的なスピードで成長していく起業家たちです。彼ら彼女たちが増えると、便利なサービスが増えるだけでなく、若者が挑戦しようとするので、元気で活力のある街

          子どもがスマホを使うのはホントに悪いこと? -スマートスマホ都市KOBE-

          学校から帰ってきた子どもがずっとスマホをさわりっぱなし。「いいかげんにしなさい」と注意しても、なかなか聞いてくれないとお父さんとお母さんが困っているのをよく聞きます。 それもそのはず、2020年に行った神戸市のアンケートでは、家で一番することは「インターネット」と答えた中学生が61%で最多でした。 でも、インターネット自体を遠ざけてしまうのは、子どもの将来にとっても良くない気がします。 やはりスマホは時間の無駄!?子どもたちが夢中になってしまうのは、ゲームや動画をつくっ

          県立兵庫高校に久元市長 まさかの「子ども医療費」をめぐる白熱議論!

          もうすぐクリスマス!神戸市内で有数の進学校である県立兵庫高校に12月21日、久元喜造市長があらわれました。 冬休みに向けてだいぶテンションが上がりがちな季節ですね。はたして何をしに? 潜入レポートをしてみました! 県立兵庫高校ってどんな学校?兵庫高校といえば、旧制中学であった「第二神戸中学(神戸二中)」が前身で、創立が1908年という伝統校。神戸で公立高校を受験するときの学区が3つに分かれていた頃は、第2学区(兵庫区、北区、長田区)でのトップ校でした。私服で通学する人もた

          至れり尽くせり!? 磯上体育館の秘密

          バスケットボールやバドミントンといった体育館でやるスポーツを大人になってもやっている人はたくさんいます。そういう人たちにとって、唯一の活動場所になるのが公立の体育館です。 私もそのひとりで、高校のときに始めたバドミントンを今でも楽しんでいます。 2022年7月に新しい体育館が三宮の南側、磯上公園のなかにできました。その名も「磯上体育館」。三宮駅前にあった「勤労会館」と兵庫県庁の近くにあった「生田文化会館」の体育施設の統合で生まれました。 まわりにあるウッドデッキやベンチ

          ええっ!もしかして、私は歩く産学官連携?

          ときどき新聞で「産学官(さんがくかん)連携」という言葉を目にします。なにかキーワードっぽいのですが、何を指しているのか分らないという方がほとんどだと思います。 じつは私は、神戸大学の職員でありながら神戸市役所に出向していて、この「産学官連携」が仕事なのです。しかもその前は、ベンチャー企業など民間で働いていました。まさに、企業=産、大学=学、役所=官を、身をもって体験している【ひらお】が、このちょい難解なキーワードをひも解きたいと思います! 産学官連携ってなぜ必要なの?19

          科学のアワード「神戸賞」を中谷財団が新設。賞金は5000万円!

          神戸の人工島・ポートアイランドには医療産業都市があり、理化学研究所をはじめとした生命科学系の企業や研究機関が集まっています。 先日の記事でも紹介しました。 そしてきょう12月14日、バイオメディカル・エンジニアリング分野の優れた研究者を表彰する「神戸賞」を、中谷財団が創設することが発表されました。 なんと、大賞の賞金は5000万円! ポートアイランドのホテルでおこなわれた記者会見の様子を、広報戦略部ライターのゴウがお届けします。 中谷財団ってどんな財団?中谷財団の正