神戸市公式note

神戸の最新情報や魅力、市の政策・施策がうまくいっているのか、いないのか?、普段知ることのできない裏側や職員の想い、ストーリーを発信します!ぜひフォロー、スキ、応援コメントなどお待ちしています!

神戸市公式note

神戸の最新情報や魅力、市の政策・施策がうまくいっているのか、いないのか?、普段知ることのできない裏側や職員の想い、ストーリーを発信します!ぜひフォロー、スキ、応援コメントなどお待ちしています!

マガジン

  • 市長の動き

    久元喜造神戸市長の動きを更新していきます。

  • 神戸の歩き方

    あまり知られていない神戸の場所や楽しみ方をまとめています。

  • 変わる神戸

    神戸の移り変わりを掲載していきます

  • 神戸市長が語る

    久元喜造神戸市長、自ら語る神戸市の政策

最近の記事

市長に直談判!ネットモニターとの対話フォーラム

12月4日(日)、久元喜造市長と神戸市ネットモニターの皆さんとの「対話フォーラム」が開催されました。 市長と市民のガチトークバトル!!といっては物騒ですが(笑)、予定調和や台本は一切なしの対話フォーラムがどんな様子だったか、広報戦略部ライターのゴウがレポートします。 「市民ネットモニター」とは?神戸市では、市民の皆さんの意見や反応を市政に反映させるために、「ネットモニター」制度を設けています。 18歳~90代まで、約6000人の方がモニターに登録し、1ヵ月に1~2回の頻

    • 最大3割引き!?洋服からスイーツまで 「神戸ブランド・エールクーポン」とは

      神戸のファッション産業製品を「最大3割引」で購入できる「神戸ブランド・エールクーポン」をご存じでしょうか。 このエールクーポンは、市内メーカーが製造したアパレルや靴、スイーツなど様々なファッション産業製品が最大3割引で買えるという、めちゃくちゃお得なwebクーポンなんです!しかもこのクーポンは、神戸市外の方にもご利用いただけるんです。 2022年11月現在、約250店舗・2500アイテムのファッション産業製品が利用対象となっています。このエールクーポンを、ファッション産業

      • 神戸は日本屈指のサウナの街? サウナで癒されてみませんか

        近年、空前のサウナブームが到来していると言われています。 2021年のユーキャン新語・流行語大賞ではサウナ用語の「ととのう」がノミネートされ話題になりました。 ※「ととのう」というのは、サウナに入ることで全身がリラックス状態になり、ボーッとした状態になることを指しています。 最近では、芸能人やスポーツ選手、アーティストでもサウナ好きを公言する人が増えてきています。 サウナといえば、「なんかオジさんが入っている暑苦しいイメージ」なんていう話も今は昔、サウナ施設には若者や女

        • 何がすごいの?下水からつくった「こうべSDGs肥料」

          11月26日(土)のお昼すぎ、神戸市営地下鉄の「西神中央」駅前に、竹を使った巨大なオブジェが出現しました。そこに書かれた「肥料ではじめるSDGs」とは・・・? 12月中旬から、市内で「こうべSDGs肥料」を販売することになりました。そのPRイベントなのですが、「こうべSDGs肥料って何?」「何がいいの?」という疑問を、広報戦略部ライターのゴウが解説します。 下水処理で「肥料の素」を抽出先日、久元喜造市長がこのnoteで「神戸再生リン」の取り組みを紹介しました。 農作物を

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 市長の動き
          神戸市公式note
        • 神戸の歩き方
          神戸市公式note
        • 変わる神戸
          神戸市公式note
        • 神戸市長が語る
          神戸市公式note

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          神戸にできた「医療産業」の街 なぜそんなに企業が集まった?

          神戸にある人工島・ポートアイランドには、「神戸医療産業都市」と呼ばれる近未来のたたずまいを持つ街があるのを知っていますか? わずか半径2キロメートルの狭い場所に、350を超える研究機関、病院、企業があり、12,000人以上の人が働いています。国内最大クラスのライフサイエンス(健康科学)の拠点として、海外でも知られるようになりました。 じつはこの街は、昔からあったわけではありません。30年ほど前には、海を埋め立てたばかりで、赤茶けた土に覆われ道路すらなかったのです。 阪神

          いま見直される「銭湯」の魅力 のれんの向こうは別世界

          銭湯といえば、下町にあって、なにかノスタルジー。そして昭和の時代を思い浮かべる方がほとんどだと思います。それもそのはず、もともとお風呂が家になかった人が使うためのもの。ですが今、そんな人はとても少数。であれば、銭湯なんていらないんじゃない? となるかもしれません。ところが、その「銭湯」が脚光を浴びているのです。 最近つくられたアニメや映画では、日常から解き放たれる癒しの空間として描かれることもしばしば。来年、銭湯を舞台にした映画「湯道」が、橋本環奈さんと生田斗真さんらの出演

          神戸は「ご当地インク」発祥の地 色の数でも全国トップ

          神戸の色って、なにいろだと思う? と聞かれたら、あなたはどんな色を思い浮かべますか。 須磨の浜辺や神戸港からながめる海の青、初夏にはまぶしささえ感じる六甲山の緑、それとも港のシンボルであるポートタワーや神戸大橋の赤色でしょうか。 豊かな自然やおしゃれな街並み、おいしい食べ物、見どころや名物がたくさんあるので、人によって思い浮かべる色もきっとさまざまなのでしょうね。 そんななか、神戸の「色」を万年筆のインクという形であらわした商品が注目されています。それが、「Kobe I

          神戸市公式note 最も読まれた記事は? 上位3位を発表

          公式noteをはじめて、きょうで2カ月がたちました。最初の記事で2週間に一本の記事を出していくと宣言しました。ですが、ふたを開けてみると、この記事でなんと20本目になります! ただ、たくさん書いて公開するだけでは、意味がないと思っています。そこで、 ・たくさんの人が読んでいるのか? ・読みたい情報を届けているのか? を、振り返ってみようと思いました。 noteでは、それぞれの記事への「スキ」の数が公開されています。ですが、記事を最後までスクロールして読んでもらえたのか

          変わる神戸駅 蒸気機関車「D51」をライトアップ

          JR神戸駅の線路海側に、蒸気機関車「D51型(愛称:デゴイチ)」がどーんと鎮座しているのをご存じですか? このデゴイチが今日(10月28日)から毎日、夜間にライトアップされることになったんです! その背景や神戸駅の歴史を、広報戦略部ライターのゴウがお届けします。 神戸にSLがある理由考えてみれば、私は蒸気機関車に乗ったことがありません。それもそのはず、蒸気機関車は1975(昭和50)年に営業運行を終了しています。 いま神戸駅にあるデゴイチは1943(昭和18)年製。営業

          変わる西神中央 もっと「住みたいまち」へ

          今回は、新しい図書館やホールができたり、広場をリニューアルしていたり、今よりもっと「住みたいまち」に変わっていく西神中央エリアをご紹介します! いま神戸市では、市内の駅前を中心に、より便利で暮らしやすいまちを目指して「リノベーション・神戸」プロジェクトを進めています。 その1つが、西神中央(せいしんちゅうおう)駅。 三宮駅から地下鉄で約30分の終着駅。市内で一番人口が多い西区の、中心となるまちです。 そんな変わる西神中央駅を、広報戦略部のフセヤがリポートします! 新し

          【市長初投稿!】下水から肥料を〜資源循環「こうべ再生リン」の取り組み

          市長の久元喜造です。 9月から神戸市公式noteが開設され、市の職員が自ら神戸市の政策や事業を紹介することとしています。 私からも、ぜひみなさんに知ってもらいたい政策や私の考え方をこのnoteを通じて発信することにしました。 今回はその第1回目として、生活排水である下水から肥料の原料である「リン」を回収し、肥料として利用する「こうべ再生リン」の取り組みをご紹介します。 輸入だのみの肥料原料が高騰農作物の成長に欠かせない栄養素は、「窒素」、「リン」、「カリウム」の3種類であ

          国内最大級の防災イベント「ぼうさいこくたい」神戸で開催

          10月22日(土)、23日(日)の2日間、HAT神戸周辺(人と防災未来センターやJICA関西などがあるエリア)で「ぼうさいこくたい」が開催されています。 台風や地震など、自然災害の多い日本。その備えを体験を交えて楽しく学ぶ、いわば防災の「フェス」のようなイベントです。その一部を、広報戦略部ライターのゴウがお伝えします。 実際にやってみよう!子どもたちは大興奮! 消防車や救急車、災害医療車など「はたらく車」が勢ぞろい! 消防服を羽織って写真撮影もできますよ~。 こちらは、

          スタジオジブリの名作も?神戸は意外な「アニメの舞台」

          きょう10月22日は、「アニメの日」なんだそうです。これは、日本初のカラーアニメーション映画『白蛇伝』の公開日にちなんでいます。 ふと、神戸が舞台モデルになっているアニメってどのくらいあるのだろう、と気になったので調べてみました。 きょうは休日の箸休め記事として、広報戦略部のオクダがお届けします! 映画の舞台やロケ地はたくさん!アニメは少なめ?映画と神戸 映画発祥の地である神戸。これまで、数々の作品で舞台ロケ地になってきましたが、最近のものを挙げてみると、 ・『スパ

          【神戸市職員】デザイン・クリエイティブ枠採用ってなんだ?

          きょう10月20日、久元喜造市長とデザイン・クリエイティブ枠職員との意見交換会をおこないました。 デザイン・クリエイティブ枠職員ってなに?神戸市は2020年度から、デザイン、美術、音楽、映像などを学んだ人を対象に「デザイン・クリエイティブ枠」の職員採用を始めました。 とはいえ、デザインや音楽の専門職ではありません。採用後は総合事務職の職員と同じように、区役所をはじめ、あらゆる職場で働いています。 配属される職場によっては専門性が生かせないかもしれないのに、なぜあえてクリ

          【王子公園再整備】意見をお聞かせください

          「王子公園」の再整備に向けて、神戸市の方針についての意見募集(パブリックコメント)をおこなっています。 たくさんの方に意見をお寄せいただきたいので、広報戦略部ライターのゴウが、再整備のポイントとこれまでの経緯を簡単に説明します。 (この記事ですべてをお伝えすることはできないので、詳細は以下のページをご覧ください) 王子公園ってどんな公園?王子公園(おうじこうえん)は神戸市灘区にある都市公園です。パンダやコアラのいる王子動物園や、アメフトやラグビーができる王子スタジアム、

          遊びも仕事も。六甲山の意外な楽しみ方

          神戸の方にはおなじみ、国立公園の六甲山は、皆さんが想像する以上にいろんな顔を持っているんです。 1.自然の中でリモートワークができる「スマートシティの六甲山」 2.家族と、友達と、恋人と、遊びに行く「観光の六甲山」 3.西は須磨から東は宝塚まで、総距離56㎞「登る山としての六甲山」 人によって活用方法が無限大になる、六甲山の魅力を神戸市公式Twitterでもたまに登場する私、かりんとうが紹介します。 六甲山へのアクセスは3パターン六甲山上は、多くの文化施設やホテルなどが